2020年01月21日

ヘンリー王子を返せ!私はメーガンが許せない!!

ヘンリー王子の王室離脱が残念でしょうがないです。

しかし、アメリカ人女性は強い。
そして、me, me, me..........感が半端ない。

ヘンリー王子は本物の王子なんですよ。
それをよくもいけしゃあしゃあと彼女の世界に引きずり込んだと、
今じゃ、怒りも通り越し恥ずかしい気持ちが強くなってきた。

ヘンリー王子にとっちゃ、イギリス国民でもないタダのおばさんの
見解なんぞ知ったことじゃないと思いますが、
どうしても無視できないニュースでした。

とにかく、メーガンが好きじゃない。
我がまま丸出し。家庭内もごちゃごちゃ。
そんな素性の人間が王室の一員になるのは到底無理なこと。

アメリカには王室がないから、彼女にはその奥ゆかしき伝統なるものが理解できない。
これは、生まれ育った国がアメリカだから仕方ない。
アメリカ人は、メーガンだけでなくロイヤルファミリーの重さを知らない。
物凄く、軽く考えてる節があると感じてます。
多分、大統領の位置と同じくらいに考えているかも?

ヘンリー王子が選んでしまったから仕方ないんですが、
でも、愛が強いからと言って彼の歴史を、ロイヤルファミリーの歴史を、国の歴史を
汚してしまう権利は一メーガンには、いや、一般国民にはないんですよ。

メーガンはバッシングされて当たり前でしょう。
メーガンは自分の家族や生い立ち全てを顧みて自分の立場を認識する必要があった。
彼女には、絶対にふさわしくない相手で、その彼を諦めるのが美しい結末だったんですよ。
メーガンがしていること、してしまったこと、かな~り罪深いと思います。

王室制度を知らないから中途半端な気持ちで嫁いで、
まるで、そこら辺の一般家庭に嫁いだような振舞い。
伝統もなんもあったもんじゃない。

アメリカでの派手なパーティやテニス観戦。
そんなこと、ロイヤルファミリーの一員になって出来ますか?
あっちの国に飛んだり、こっちの国に飛んだり好き勝手できますか?

もし、紀子様が皇室行事を無視して、自分の友だちに逢いに海を渡れますか?
皇室内だけじゃなく、そりゃ、国民を始めメディアに叩かれるでしょう。

もう、馬鹿としか言いようがない。

でも、意外にも彼女は名門大学出身なんですよね。
頭脳はもちろん、お金もなきゃ入れないような有名大学。
この学歴だけ、まぁ、ロイヤルファミリーに相応しいと思う唯一かな?

だから、馬鹿ではないんだけど、多分、この高学歴でプライドが高いのかな?

今からでも良いので自分の身分に気が付いて離婚して欲しい。

いい夢を見すぎてしまったんでしょう。
一気に地位も名誉も財産も全てが手に入ったわけだから。
もともとB級アクトレスで知名度も低く感心も持たれていなかったから。

そして、自分たちのロイヤルグッズを売って儲けようとしてるとこ、
考えが浅いというか、自惚れが強いというか、、、。
誰が、彼らの顔写真や名前の入ったグッズが欲しいですか?
メーガンのグッズはいらないわぁ~。
ダイアナ妃やキャサリン妃に追いつくことは一生できないでしょう。

まぁ、現に出来ませんでしたよね。
王室離脱が一番わかりやすい答えです。

この離脱はメディアからのバッシングの影響が一番で、
あと、パパラッチやエリザベス女王との確執でしょう。
自分をダイアナ妃と重ねたり、お門違いな事言っていますが、
メディアのバッシングもパパラッチも王室との確執も
全てメーガンが招いたこと。彼女の頭の悪い行動からです。

ヘンリー王子も、やはり幼少期にあのような形で母を亡くし、
この様な行動を取ってしまう傷があるんだと思います。
その時代からメディアやパパラッチには苦しめられてきていると思いますが、
その苦しみを多く乗り越えてここまでやって来て、
イギリス国民だけじゃなく世界中から愛された王子なのに、勿体ない。

たった数年の結婚生活で受けたバッシングを元に全てを捨ててしまうのは、
大きな大きな過ちです。メーガンの言い分に耳を傾け過ぎたのかも。
結婚後に受けたバッシングは、受けるに値するバッシングなのに、、、。

恋は盲目と言いますが、正にメーガンの魔法にかけられているんでしょう。

今回も、私の全く影響力のない勝手な私見です。
もし、お気持ちを害した方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

ランキングに参加してます。
ぽちっとお願いします。


posted by キャッチャー at 09:31| Comment(0) | ゴシップ ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

トランプをノーベル平和賞に推薦する安倍首相って????

今朝、久し振りにテレビをつけたら、
ニュース速報でトランプが出ていた。

メキシコとの国境の壁建設で
非常事態宣言を出したらしいけど。
それは、さておき、

彼は幼稚だよなぁ~。
彼の政策に関しては、
賛成なところもあるんだけど、
話し方が大統領と思えない。

オバマ前大統領にしろ、
トランプに敗れて大統領になれなかった
ヒラリーさんにしても、
なんか、その話し方から知性が感じられたけど
トランプって、ティーンエイジャーみたい。

なんか、記者に対しても喧嘩売ってる感じ。
それも、大人の反撃からは程遠く、
そこらにいる出来の悪いティーンなのよ。

私の息子の方が冷静だし、
もっと上手くやり込めるような気がする。

とくに、CNNの記者に対しては酷い。
まぁ、CNNも行きすぎな部分はあるが。

CNNだけじゃなく、
FOX以外は皆トランプ嫌いが凄い。

オバサンのゴシップレベルでも、
こんな大統領で良いのかな?って思う。

でも、安倍首相がこんなトランプ大統領を
ノーベル平和賞に推薦したって事の方が驚いた。
マジか?まだ早くないか?

私的には、
拉致被害者を全員日本に戻した時点なら
推薦しても構わないけど、今はあり得ない。

今というか、一生あり得ない。

ご機嫌取ってるだけなのかな?

本当に知性のカケラも感じないしなぁ~。
ノーベル賞を頂ける器量ではない!

知性で度肝を抜いたのが、まだある。

アメリカに大寒波が来た時の
「地球温暖化」のツイート。

自分は大統領なんだから、
ああいうツイートする前に考えて欲しい。

単純に考えれば、
ああいう思考になるだろうけど、
現実問題として考えたら、違うだろう。

ましてや、大統領ともなれば、
あんな無知なツイートする前に確認しないか?

私でもSNSに載せる時は、
絶対に事実関係を確かめるよ。

じゃなきゃ、恥だよね。

私みたいな、オバサンがオバサンのレベルで
ツイートしてるわけじゃないから。

世界中の人たちから注目されてるんだから。
良い意味でも悪い意味でも。

でも彼は、全然、恥じていないんだよ。

彼の大統領人生は、あと2年。
長いなぁ~。

今回も、私の全く影響力のない勝手な私見です。
もし、お気持ちを害した方がいらっしゃいましたら
申し訳ございませんでした。

ランキングに参加してます。
ぽちっとお願いします。


posted by キャッチャー at 13:42| Comment(0) | ゴシップ ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

小室さん親子 その2・・・「くれてやる」? 

昨日、小室さん親子の事を書きましたが
その後、livedoor Newsで
漫画家の小林よしのり氏のニュースを発見。

こんな風に自分と真逆な捉え方もあるんだと
一瞬だけビックリしてしまった。

普通に考えれば自分と異なる意見は
あって当たり前の事なんだけどね。

そうか~、元婚約者が返金を求める行為は
「みっともない」のか。

私は、親子で大学資金を借りる方が
「みっともない」と思ってしまった。

自分にも大学進学した息子がいるけど
彼が生まれた時から大学進学は予定していたこと。

ただ、人生色々あって
大学資金の為に貯金していたお金が
別の事に回ってしまう事もあるし
日々の生活が苦しくて
大学資金を貯める事ができない事もある。

でも私は、
そこに人から借りるっていう発想はない。

だから、人のお金を当てにする方が
「みっともない」になる。

まぁ、当時婚約者、今、元婚約者という事で
感情的なすれ違いも生まれての結果だと思うし
もしかしたら元婚約者は、
小室さんが眞子様と婚約とのニュースを見てから
返金して欲しい、返金できるでしょうと思い
要求したのかもしれない。

それでも、私は、
小室さん親子は返すべきだと思う。

こんな風になる前に、ぐちゃぐちゃ言う前に、
潔く「お世話になりました。必ずお返しします」と
言えば良かったって思う。

一般人の痴話げんかじゃないですからね。
皇室を巻き込んだ現実があるわけですから。

昨日と同じような事書いてるけど
小林さんのニュースを読んで、
また尚、返すべきと思ってしまった。

小林さんは「自分が返してやるよ!」って
言っておりましたが、
そこは、秋篠宮様が望む解決法でもないですよね。

もし、この問題が
小室家と元婚約者の間で和解したとしても、
これまでの過程を見ると
娘の親としたら、
この結婚を許せるかも疑問。

本当に人それぞれ、
色々な考え方があるので勉強になりました。

今回も、私の全く影響力のない勝手な私見です。
もし、お気持ちを害した方がいらっしゃいましたら
申し訳ございませんでした。


ランキングに参加してます。
ぽちっとお願いします。




posted by キャッチャー at 01:23| Comment(0) | ゴシップ ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする