2019年12月25日

せっかくのクリスマスも息子に壊されそうです。

せっかくのホリデーシーズンですが、楽しめない。

娘もいるし、楽しむ努力をしますが、息子が厄介。

なんか、本当に家族の楽しい行事をことごとく壊していきます。

今日は、これからイブのパーティです。
家族だけの小さなパーティですが、それなりに豪勢な料理を作り楽しみにしてます。

で、翌日の25日は、朝から、これでもかって思うほどの数のプレゼントをオープンします。

アメリカのクリスマスプレゼントの数は半端ないです。
我が家の子供達は大きいものから小さいものまで20点以上は当たります。
一応、全部サンタクロースからのプレゼントとなってますが、
家族同士で、それぞれ全員にプレゼントも用意します。
息子と娘もバイトしてお金があるので、小さいものですが家族全員に贈ります。

そのプレゼント、娘は全員の分を買い終わってますが、息子は誰の分も買ってません。
もう今は、24日の午後3時30分です。午後6時に全部のお店がクローズします。
彼は、免停で、自分一人で買い物にも行けません。

毎日、昼過ぎまで寝ていています。
旦那が午前中に息子に電話をかけて、起きて私を手伝うように言ったらしいですが、
もちろん、起きてなんて来ません。

どの面下げて、クリスマス当日に私達と一緒にプレゼントを開けるんでしょうか?
娘も、かなり気にしてます。「気まずいんじゃないだろうか?」って。
でも、結局二人が行きついた結論は、
「彼は何とも思わずサンタと我々からのプレゼントを当たり前に受け取るだろう」でした。

私も、ここまで裏切られると思ってませんでしたから、
もちろん息子にも、娘と同じ分のプレゼントを用意してます。

まさか、彼に何も渡さないわけにはいきませんからね~。気持ちはそうしたいんですが。

自分で産んで、自分で育てた息子なので、何をされても娘と同じように接してます。

朝から早起きして、私を手伝ってくれる娘が、ずっとずっと愛おしいんですが。


ランキングに参加してます。
ぽちっとお願いします。

posted by キャッチャー at 06:52| Comment(0) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください